Japan

ゲルベ・ジャパン株式会社

日本支社は1978年に設立され、2005年の薬事法改正を機に、製造販売業者として、日本での造影剤メーカーの地位を確立し今日に至っています。更に、日本での造影剤メーカーとしての存在感を高めるべく日々邁進しております。

会社概要

会社設立

1978年

資本金

1億7千万円

株主

Guerbet社(親会社、フランス)100%

代表取締役社長

スティーヴン・ブライエル

事業内容

医薬品研究開発、輸出入及び販売

所在地

東京都千代田区麹町6丁目4-6 TS麹町BLDG. 2階
(本社アクセス)

 

沿革

1978

東京都港区にゲルベ・ジャパン株式会社を設立

2005

本社及び営業所を東京都千代田区に移転(4月)

ヘキサブリックス®320、マグネスコープ゚®シリンジを栄研化学株式会社より承継(10月)

リピオドール®ウルトラフルイド゙を日本シエーリング株式会社より承継(12月)

2006

ヘキサブリックス®320 、マグネスコープ゚®シリンジ、リピオドール®
ウルトラフルイド゙をテルモ株式会社を通じて日本市場に供給開始

2013

リピオドールを「医薬品の調製用剤」として適応拡大

 

「ファルモルビシン(エピルビシン塩酸塩)の調製用剤」として肝動脈化学塞栓療法(TACE)に保健適応

2015

マグネスコープ®静注38%シリンジ、リピオドール®480注の販売会社をテルモ株式会社から                     富士製薬工業株式会社に移管

2018

マグネスコープ®静注38%シリンジ、リピオドール®480注を富士製薬工業株式会社より                       ゲルベ・ジャパン株式会社に販売移管(10月)

2019

オプチレイ®注を富士製薬工業株式会社よりゲルベ・ジャパン株式会社に販売移管(1月)