Japan

ゲルベの沿革

1901

Marcel Guerbet(マルセル・ゲルベ)が初めてのヨード造影剤(Lipiodol®リピオドール)を発見

1926

André Guerbet(アンドレ・ゲルベ)がゲルベ製薬を創立

1964

Michel Guerbet(ミシェル・ゲルベ)がゲルベ・グループとして国際的にビジネス展開を開始

1970

X線造影剤 Telebrix®(テレブリクス)販売開始

1979

X線造影剤 Hexabrix®(ヘキサブリックス)販売開始

1989

MRI造影剤 Dotarem® (ドータレム、日本での販売名マグネスコープ®シリンジ)販売開始

1995

X線造影剤 Xenetix® (ゼネティクス)販売開始

2002

X線造影剤 Oxilan® (オキシラン、日本での販売名イマジニール®)に関する世界全体の諸権利を取得

2003

MRI造影剤 Artirem® (アルティレム)販売開始

2004

Medex Biomedical社買収

2005

テルモ株式会社と日本市場での販売提携契約締結