Japan

動画配信「ライブ/オンデマンド」新着!!

どちらかクリックしてください!

:-)『新規登録』  :-)『ライブ/オンデマンド配信を視聴する』  

            ★動画サンプル!   

登録方法詳細へ        

オンデマンド 配信中コンテンツ

  • 「ISMRM 2018 Japanese Seminar:今年のISMRMはこれをおさえる!!」2018年6月18日(月) 最新!
  1. 『ISMRM2018 プログラムコミッティより』  堀 正明先生(順天堂大学)
  2. 『ISMRM2018 中枢神経領域』        伏見 育崇先生(京都大学)
  3. 『ISMRM2018 心臓血管領域』        奧田 茂男先生(慶応義塾大学)
  4. 『ISMRM2018 腹部領域』           吉満 研吾先生(福岡大学)

お詫び:音声録音時の状態が不良であったことにより、若干聞きにくくなっております。お詫び申し上げます。

  • 「Japanese Seminar in RSNA 2017:将来に向けておさえておきたい9つのポイント」 2017年11月26日(日)  
  1. 『頭部領域、MRIのおさえておきたい3つのポイント』             阿部 修 先生(東京大学)
  2. 『RadioGraphicsに推薦される教育展示作成のための3つのポイント』       田中 優美子 先生(がん研有明病院)
  3. 『放射線科としておさえておきたい3つのAIのポイント』            山下 康行 先生(熊本大学)
  • ランチョンセミナー2「エキスパートによるTACEにおける治療成績向上のための工夫」 第53回日本肝癌研究会 2017年7月6日(木)
  1. 『HCC治療のアルゴリスムとcTACEの適応』   田中 利洋 先生(奈良県立医科大学) 

  • 「Japanese Seminar in ISMRM 2017:今年のISMRMはこれをおさえる!」 2017年4月24日(月) 
  1. 『プログラムコミッティーより』  山田 惠 先生(京都府立医科大学)
  2. 『胸部・心血管領域』        大田 英揮 先生(東北大学)
  3. 『中枢神経領域』           山本 憲 先生(京都大学)
  4. 『腹部領域』              福倉 良彦 先生(鹿児島大学)

  • 「Japanese Seminar in RSNA 2016」 2016年11月27日(日) 
  1. 『腹部領域 CTのおさえておきたい3つのポイント』 粟井 和夫 先生(広島大学)
  2. 『将来に向けておさえておきたい3つのポイント 頭部、MRI編』 長縄 慎二 先生(名古屋大学)
  • 「Japanense Meeting in ISMRM 2016」 2016年5月9日(月) 
  1. 『今年のISMRM「プログラムコミッティーから」』 山田 惠 先生(京都府立医科大学)
  2. 『ISMRM 2016(頭部)「ISMRM初心者のための学会の活かし方」』 相田 典子 先生(神奈川県立こども医療センター)
  3. 『ISMRM 2016(腹部)』 五島 聡 先生(岐阜大学)
  4. 『Quantitative Imagingの意義とQIBA(Quantitative Imaging Biomarker Alliance)の活動』 青木 茂樹先生(順天堂大学)

  • 「Japanese Seminar in RSNA 2015」 2015年11月29日(日) 

『頭部領域のおさえておきたい3つのポイント』        平井 俊範 先生(宮崎大学)

  • ランチョンセミナー9「肝細胞癌に対するTACEの現状と今後の展望」 第51回日本肝癌研究会 2015年7月24日(金)
  1. 『肝細胞癌に対するLip-TACEのエビデンス』   荒井 保明 先生(国立がん研究センター中央病院)
  2. 『TACEの治療成績向上のためのポイント』    宮山 士朗 先生(福井県済生会病院)
  • 「Japanese Meeting in ISMRM 2015」 2015年6月1日(月)
  1. 『今年のISMRMについて(プログラムコミッティーから)』    田岡 俊昭 先生(名古屋大学)
  2. 『Topics of ISMRM 2015(技術)』                  藤本 晃司 先生(ニューヨーク大学)
  3. 『Topics of ISMRM 2015(骨盤)』                  上野 嘉子 先生(神戸大学)
  4. 『Topics of ISMRM 2015(分子イメージング)』           高橋 昌哉 先生(テキサス大学)
  • 「Guerbet Japan Seminar in SCMR 2015」 2015年2月5日(木)
  1. 『最近のCMRの動向』                          佐久間 肇 先生(三重大学)
  • Japanese Seminar in RSNA 2014 「今後おさえておきたい9のポイント」 2014年11月30日(日) 
  1. 『頭部領域のおさえておきたい3つのポイント』            工藤 與亮 先生(北海道大学)
  2. 『腹部領域のおさえておきたい3つのポイント』            吉満 研吾 先生(福岡大学)
  3. 『下腹部領域のおさえておきたい3つのポイント』            高橋 哲 先生(神戸大学) 
  • ランチョンセミナー6「肝細胞癌に対するTACEの現状と今後の展望」 第40回日本肝臓学会東部会 2014年11月27日(木)
  1. 『肝癌血行動態から見たTACEの理論的背景と今後の展開』       松井 修 先生(金沢大学)
  2. 『TACEにおける日本の役割』                          荒井 保明 先生(国立がん研究センター中央病院) 
  • シンポジウム1「肝細胞癌に対するTACE」 第43回 日本IVR学会総会 2014年6月5日(木)
  1. 『リピオドールTACE -原理・技術・成績』                        宮山 士朗 先生(福井県済生会病院)
  2. 『血管塞栓用ビーズによるTACE』                            大須賀 慶悟 先生(大阪大学)
  3. 治療困難なHCCに対するconventional TACEの評価と位置付け』       阪口 浩 先生(奈良県西和医療センター)
  4. 『Intermediate stageの細分化:BCLC-B細分化の必要性と細分化の基準』  山門 亨一郎 先生(三重大学)
  5. 『TACEのエビデンス構築における日本の役割』                    荒井 保明 先生(国立がん研究センター中央病院)
  • 「Japanese Meeting in ISMRM2014」 2014年5月12日(月)
  1. 『中枢神経MRの今年の見どころ(最新事情 注目する技術を含めて)』  鎌形 康司 先生(順天堂大学)
  2. 『腹部領域MRの今年の見どころ(最新事情 注目する技術を含めて)』  高山 幸久 先生(九州大学)
  3. 『骨盤領域MRの今年の見どころ(最新事情 注目する技術を含めて)』  片山 正子 先生(京都大学)
  • ランチョンセミナー「腹部骨盤領域のMRI診断とIVR最前線」 第73回 日医放 2014年4月11日(金)
  1. 『婦人科領域における新しいMRI撮像法とその可能性』  梅岡 成章 先生(大阪赤十字病院)
  2. 『IVRの最前線 凍結療法とIVRセンター』              郷原 英夫 先生(岡山大学)

  • スポンサードシンポジウム肝癌治療におけるTACEの今後の展望」 第73回 日医放 2014年4月12日(土) 
  1.  『 国内外におけるTACEの変遷と最近の動向 』        大須賀 慶悟 先生(大阪大学)
  2.  『 肝の微細血管構造とTACEにおけるLipiodolの役割 』  松井 修 先生(金沢大学)
  3.  『 TACEの治療成績向上のための先端技術 』         宮山 士朗 先生(福井県済生会病院)
  4.  『 Lipiodol TACEの夜明け 』                    荒井 保明 先生(国立がん研究センター中央病院)

視聴登録方法

[ライブ/オンデマンド配信 視聴登録]

登録方法 下記の「新規登録」をクリックしていただき、ご登録をお願いいたします(外部リンク先[DOUPA!]内のゲルべ・ジャパンのページが表示されます)。

『新規登録』  

新規登録終了後、視聴することが可能となります。IDとパスワードはライブ/オンデマンド配信をご覧になる際に必要になります(一度ご登録されますと今後継続して使用できます)。

ライブ配信:当日の視聴方法 本セミナー当日に以下の「ライブ/オンデマンド配信を視聴する」をクリックしていただき、IDとパスワードを入力後、視聴画面ページ進み、開催時間までお待ちください。

『ライブ/オンデマンド配信を視聴する』

 注意事項:本コンテンツは会員登録制になっております。会員登録の際に戴きましたメールアドレス等の個人に関する情報は、当社からのセミナーの開催情報、情報更新に関するのおしらせ、およびアンケート実施のご連絡等の情報提供目的以外には使用致しません。以上の点につき、ご了承いただきました場合にのみご登録ください。本動画配信サイトは、医療機関、大学研究施設等にご勤務されている医療従事者を対象としております。医療機関等以外にご勤務されている方、あるいは医療機関等にご勤務されていることが確認できない方にはご登録をお断りすることがございますので予めご了承賜りますようお願い申し上げます。また、不正な登録が疑われた場合には、一時的にアクセスを制限する可能性もございます。

ご要望・ご意見など

ご要望やご意見などございましたら、下記宛先にご連絡下さい。

ゲルベジャパン株式会社  customerjp@guerbet-group.com